≪~子どものいない夫婦~結婚して10年、遺言書なんて必要ない?!~「何があるか分からない時代。これで一安心と夫婦共々ほっとしております」≫

sozokuBlog

みなさま、こんにちは!

司法書士事務所ともえみの阿部です。

 

 

今年も残すところ、あと1ヶ月半ですね。この時期になると本格的な寒さは

もうすぐそこという雰囲気になってきます。お風邪などひかれませんように

くれぐれもお気をつけ下さい。

 

 

 

さて、ともえみではお客様から感謝のお手紙をよくいただきます。

本日は数多く寄せられている「お客様の声」の中から1通ご紹介します。

 

001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★50代 とも子さん 女性 公正証書遺言の案件

 

「大変お世話になりまして、ありがとうございました。とてもきちっと対応して

頂いて、感謝致しております。これで、一安心と夫婦共々ほっとしております。

(何があるか分からない時代ですので・・・。)

今後共、末長く宜しく御願い申し上げます。」

 

とも子さん、ご丁寧なお手紙ありがとうございます!

「これで一安心と夫婦共々ほっとしております。」とのお言葉をいただき、大変

嬉しく思います。私どもも無事お手続きが完了し、ほっとしております。

 

 

とも子さんは40歳まで独身。バリバリ働くキャリアウーマンでした。

そんなとき今のご主人と出会い、そして結婚。

子どもはいませんでしたが、10年経ってもとても仲のよいご夫婦です。

 

とも子さん夫妻の家系図
とも子さん夫妻の家系図

 

 

とも子さんが最初にともえみに来られたのは、おひとりさまである夫の叔母の

無料相談に付添われたことがきっかけでした。その後、自分たちの将来についても

ご相談されたいとのことで再度ご来所いただくことになりました!

 

【 ともえみではご遺言書を残すことを提案! 】

そんなとも子さん夫妻に、ともえみでは

「ご夫婦ふたりなら、お互いに遺言書を残してはいかがですか?」とご提案

しました!

しかし!「そんな遺言書なんて・・・」、「たいした財産もないから」

「私たちには子どもがいないし、お互いにもしものことがあっても、妻(または夫)

に全てあげたいと思っているから・・・」と、とも子さん夫妻。

(さらに…)

続きを読む

遺言がみつからない?!~遺言はどこに保管してますか ~

sozokuBlog

みなさん、こんにちは

秋を飛び越えて、冬がやってきたような寒さです。

 

 

A子さんは一人で、お兄さんの面倒をみています
A子さんは一人で、お兄さんの面倒をみています

 

今日は、遺言の保管についてのトラブルです。

 

【お兄さんの書いた遺言はどこにあるの?!】

A子さんは、足の悪いお兄さんの面倒をみています。

食事を作ったり、買物に行ったり、病院に付き添ったり。

週の半分は、お兄さんの家に通って世話を続けています。

A子さんが他の兄弟に、手伝ってほしいと助けを求めても、何の手助けもしてくれませんでした。

 

けれど、お兄さんは、「A子のために、自分で遺言を書いた。僕が死んだら、全ての財産をA子に譲ると書いたので、申し訳ないが、世話を頼む。」と言ってくれていました。

A子さんも誠心誠意、お兄さんの世話をしていました。

 

ある日、お兄さんが亡くなりました。

葬儀などを終えてひと段落し、A子さんはお兄さんの遺言のことを思い出しました。

家中のあらゆるところを探しましたが、どこにも見つかりません。

A子さんは絶望的な気持ちになり、ともえみに相談に来られました。

(さらに…)

続きを読む

≪11月も週末無料相談会 開催しています!≫

sozokuBlog

みなさま、こんにちは!

司法書士事務所ともえみの阿部です。
朝夕は少し肌寒く感じますが、日中はとても過ごしやすいですね。
お出かけをするのにとても心地よい季節ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

halloween_lantern_girl

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、
平日は仕事や用事があって、なかなか相談に行けない・・・・
そんな方のために
ともえみは、土曜日、日曜日も無料相談会を開催しています。

 

~~~11月の週末無料相談会のお知らせ~~~

(さらに…)

続きを読む

≪相続人が20人?!~なかよし夫婦の困った相続~「相続した家を売りたいのに、相続人が多すぎて手に負えない!」≫

sozokuBlog

みなさま、こんにちは!司法書士事務所ともえみの井上です。

紅葉の季節が近づいてまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、ともえみでは、「相続した家を売りたい!」というご相談が増えています。

相続不動産の売却のためには、まず、相続人全員で話し合い、『相続登記』をする必要があります。

相続人が少なければ比較的早く話がまとまるのですが、相続人が20人もいたら…。

本日は、「相続人が多すぎて手に負えない!」Bさん夫婦のお話しです。

 

【ご相談いただいたのはこんな方】

無題Bさんは今年80才。子どもはおらず、夫と二人でなかよく暮らしてきました。

その夫も病で15年前に他界。現在は、夫の残してくれた自宅で一人暮らしです。

近くに住む姪っ子が世話を焼いてくれますが、しっかり者のBさんは

「足腰も弱ってきたし、これ以上姪に負担をかけるわけにはいかない!」と思い、

数年後には自宅を売って施設に入ろうと思っています。

 

【亡夫名義のままでは売却できない!相続登記が必要です】

しっかり者で何かにつけて早め早めに準備をするたちのBさん。

近所の不動産屋さんで自宅の売却の相談をしたところ、

「不動産の名義が亡夫のままになっています。まずは、相続登記をしてください。」と言われました。

 

【自分で戸籍を取ってみたものの…相続人が多すぎて手におえない!】

姪っ子に相談すると、

子どもがいない場合、妻だけでなく兄弟姉妹にも相続権があるってテレビで見たよ。

確認するには、戸籍を見たらいいんだって。」

と教えてくれました。夫の兄弟2、3人は知っていますが、知らない人もいます。

しっかり者のBさん。市役所に方法を聞いて、自分で戸籍を取り寄せました。

 

ところが!!

いざ戸籍を見てみると、夫にはBさんの知らない兄弟姉妹がたくさんいることが分かりました。

さらに、既に他界した兄弟の子ども達もたくさん!

 

子どものいない夫婦のどちらかが他界した場合、法定相続人となるのは妻(持分4分の3)と、

兄弟姉妹(持分4分の1)です。※両親も他界している場合。

さらに、相続人となる兄弟姉妹が既に他界している場合は、その子どもへ相続権が引き継がれます。

 

Bさんの知っている兄弟は、ほとんどが他界。

その子どもたちは全国各地に散らばっていて、Bさんとは全く面識がありません。

しかし、『相続登記』をするためには、相続人全員と話し合わなくてはいけないのです!

(さらに…)

続きを読む

≪お父さんの突然の死から3年~名義変更できる?~「丁寧にわかりやすく教えて頂きすぐ緊張がほぐれました」≫

sozokuBlog

みなさま、こんにちは!

司法書士事務所ともえみの阿部です。

 

 

もうすっかり秋めいてきましたが皆さまいかがお過ごしですか?

紅葉が待ち遠しい季節になりましたね。

季節の変わり目、ご体調にはくれぐれもお気をつけ下さい!

 

 

 

さて、ともえみではお客様から感謝のお手紙をよくいただきます。

本日は数多く寄せられている「お客様の声」の中から1通ご紹介します。

001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★40代 エミ子さん 女性 相続手続きの案件

 

「父が亡くなって不動産の相続をどうしようと悩んだ時(心当りの司法書士もないし・・・)

生協でもらった広告を思い出して「ともえみ」さんにお願いしました。事務所も明るく

家庭的な雰囲気でほっとしました。司法書士事務所に行ったこともなく身構えていたの

ですが丁寧にわかりやすく教えて頂きすぐ緊張がほぐれました。途中経過中も書類や

電話でフォローしていただいたので安心でした。

また何かあればお世話になると思います。ありがとうございました。」

 

 

エミ子さん、ありがとうございます!

「丁寧にわかりやすく教えて頂きすぐ緊張がほぐれました」とのお言葉をいただき、私どもも

大変嬉しく思います。

 

大切な家族が亡くなったあとの「相続」について、どこに相談したらいいのか分からない・・・

なにから始めればいいの?など、分からないことだらけで不安でいっぱいだったという方が

とても多いです。ご相談者のエミ子さんもその一人でした。

 

エミ子さん家系図
エミ子さん家系図

 

 

エミ子さんは20年前に結婚して横浜に移り住みました。

実家には両親と、独身の弟トモ男さんとの3人暮らし。両親ともまだまだ元気で、弟と穏やかに

暮らしてくれている!離れて暮らしているエミ子さんにとって、両親が元気でいてくれていること、

弟がそばにいることがなにより安心でした。

 

【 ところが!!お父さんが突然帰らぬ人に 】

(さらに…)

続きを読む

≪10月も週末無料相談会 開催しています!≫

sozokuBlog

みなさま、こんにちは!

司法書士事務所ともえみの阿部です。
日ごとに秋らしくなってきましたね!
朝夕はすっかり涼しくなりました。
お風邪などひかれませんようにご体調にはお気をつけください。

mushi_akatonbo_yuyake

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、
平日は仕事や用事があって、なかなか相談に行けない・・・・
そんな方のために
ともえみは、土曜日、日曜日も無料相談会を開催しています。

(さらに…)

続きを読む

「実家の始末」 ~ 売るの?貸すの?維持するの?損しない実家の始末法~あなたにぴったりの方法を提案します~

sozokuBlog

皆様こんにちは。

日も短くなって、秋の深まりを日に日に感じています。

 

今日は、実家の始末についてのご相談です。

・・・・・・・・・・ご相談者様の家族関係・・・・・・・

実家の後始末、どうしたらいいの?
実家の始末、どうしたらいいの?

 

 

 

【愛着のある実家をこのまま維持したい!】

大阪市内で会社員をしているA男さん。

家族で大阪市内に住んでいます。

お母さんが、和歌山の実家で一人暮らしをしています。

 

お母さんは高齢になってきましたが、元気で毎日、畑仕事をしています。

A男さんは月に一度は、実家に様子を見に行っています。

お母さんは常々、「私が生きている間はずっとこの家にいる」と言います。

A男さんも実家に愛着があるので、実家はこのまま維持するつもりです。

 

 

ある日、お母さんが畑の帰りに転倒して骨折し、入院してしまいました。

3か月後にはそのまま、帰らぬ人となってしまいました。

 

(さらに…)

続きを読む

≪「相続した家が売れない?!」困った抵当権②~大昔に完済したのに…抵当権抹消書類を失くして手続きができない?!≫

sozokuBlog

みなさま、こんにちは!

司法書士事務所ともえみの井上です。

虫の声が聞こえてくる季節になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて、ともえみでは「相続した家を売却したい」というご相談をよくいただきます。

しかし、不動産を売却するには、まずその不動産についている「抵当権」を抹消しておかないといけません!抵当権とは、お金を借りる際の担保として不動産に設定するものです。住宅ローンを組む際によく利用されます。

 

本日は困った抵当権シリーズ第二弾をお送りします!

第一弾はこちら

 

抵当権抹消の書類はどこに・・・?
抵当権抹消の書類はどこに・・・?

 

 

【大昔に完済したのに…抵当権抹消書類をなくしてしまい、手続きができない?!】

この度、父が購入したマンションを相続しました。

購入時の住宅ローンは、10年以上前に完済していますが、抵当権がついたままです。

母に聞くと、当時の記憶が曖昧で「抵当権抹消書類」を

なくしてしまったかもしれない、とのことでした。

どうしたらよいのでしょうか。

 

★40代  Nさん  女性

 

Nさん、ありがとうございます!

実は、Nさんのように親世代の住宅ローンの抵当権がそのままになっており、

相続後に「困った」という方からのご相談も増えています。

 

住宅ローンを完済すると間もなく、金融機関から「抵当権抹消に関するお知らせ」等の案内とともに、

抵当権の抹消に必要な書類が送られてきます。

例)銀行の委任状、抵当権解除証書、抵当権設定契約書etc…

 

 

これらのうち、抵当権を設定した際に法務局が銀行宛に交付する下記の書類は、再発行ができません。

 

・「登記識別情報通知」

・法務局が登記済であることを記載した「抵当権設定契約証書」

 

しかし、抵当権抹消登記の際には必ず法務局へ提出しなければならないのです!

なくしてしまったかもしれないNさんはどうしたらよいのでしょうか。

 

(さらに…)

続きを読む

≪90歳の夫が他界。そのとき妻87歳。~遠方へ嫁いだ娘に迷惑をかけたくない~ 「一人で遺産整理ができたのもご縁があってのことです」≫

sozokuBlog

みなさま、こんにちは!

司法書士事務所ともえみの阿部です。

 

夕方には秋の風に変わったように感じる日が多くなりましたね。

季節の変わり目、ご体調にはくれぐれもお気を付けください。

実りの秋はもうすぐです!

 

 

さて、ともえみではお客様から感謝のお手紙をよくいただきます。

本日は数多く寄せられている「お客様の声」の中から1通ご紹介します。

034

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★80代 トモ江さん 女性 相続手続きの案件

 

「 初夏の候 この度は色々とありがとうございました。何分にも無知な私達ですので

本当に助かりました。この度はご縁があってのことですので今後ともよろしくお願い

致します。暑さも厳しくなって参りますので皆様お身体大切に頑張って下さい。

私達も頑張ります。乱筆乱文にて 皆々様へ かしこ 」

 

トモ江さん、ご丁寧なお手紙ほんとうにありがとうございます。

「本当に助かりました」というお言葉をいただき、私どもも大変嬉しく思います。

 

 

ご相談者のトモ江さんは現在87歳。今年の春に夫の太郎さんに先立たれました。

2人の娘さんがいますが、遠方に嫁いでからすでに30年近くになります。

無題

 

【 遠方へ嫁いだ娘たち。迷惑をかけずに、自分で夫の遺産を整理したい 】

トモ江さんは87歳。90歳の夫太郎さんと2人で大阪に住んでいました。2人の娘は

それぞれ鹿児島と岡山に嫁いでいます。葬儀には帰ってきてくれたもののこれ以上

迷惑はかけたくない。それぞれ家庭をもっているため、たびたび実家に戻ってきて

もらうことはできない・・・自分ひとりで遺産の整理をして、あとは娘2人と分け合えればと

考えていました。

 

 

【 ところが!!夫の預金がおろせない!】

太郎さんの遺産は、自宅である土地と建物、預貯金は500万ほどありました。

その預金は複数の銀行に分けられており、太郎さんの生前はトモ江さんがお金の

出し入れをしていました。

ところが!!太郎さんの死後にトモ江さんが銀行へ行ってお金をおろそうとすると

お金をおろすことができません・・・

(さらに…)

続きを読む

「相続した家が売れない?!」困った抵当権①~住宅ローン返済後、抵当権抹消登記を忘れていた!その間に、銀行がなくなった?~

sozokuBlog

みなさま、こんにちは!

司法書士事務所ともえみの井上です。

朝晩は少し涼しい時間帯も増えてきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、ともえみでは「相続した家を売却したい」というご相談をよくいただきます。

しかし、不動産を売却するには、まずその不動産についている「抵当権」を抹消しておかないといけません!抵当権とは、お金を借りる際の担保として不動産に設定するものです。

住宅ローンを組む際によく利用されます。

本日はそんな【困った抵当権】シリーズ第一弾として、「抵当権が消せなくて困った」という事例2つをご紹介します!

 

 

こんなことになるなんて…!~困った抵当権~
こんなことになるなんて…!~困った抵当権~

 

【①住宅ローンを借りていた銀行がなくなった!】

5年前、住宅ローンを完済しました。

銀行から「抵当権抹消書類一式」が送られてきましたが、手続するのを忘れていました。

その間に銀行が合併されて、元の銀行がなくなりました。抵当権の抹消はできますか?

 

★60代  Yさん  男性

 

Yさん、ありがとうございます!

住宅ローンを完済すると間もなく、金融機関から「抵当権抹消に関するお知らせ」等の案内とともに、

抵当権の抹消に必要な書類が送られてきます。

例)銀行の委任状、抵当権解除証書、抵当権設定契約書etc…

 

そこには、「銀行名」「本店」「代表者名」「銀行の認印」等が記載されています。

銀行が合併されて「銀行名」も「本店」も何もかも変わってしまった場合、どうしたらいいのでしょうか。

(さらに…)

続きを読む